3.x マイグレーションガイド

    このガイドは Bolt 2.x を利用しているアプリを 3.x にアップグレードするための手順について説明します。いくつかの変更が必要とはなりますが、ほとんどのアプリの場合で、おそらく対応に必要な時間は 5 〜 15 分程度です。

    注: もしすぐにアップグレードをしない場合は、Bolt 2.x に関するサポートスケジュールをご確認ください


    InstallationStore と orgAuthorize での OrG レベルでのインストール対応に関する変更

    Bolt for JavaScript 2.5.0 で、私たちは OrG レベルでのインストールのサポートを追加しました。このサポートをあなたのアプリケーションに追加するには、OAuth フローの中で使用される fetchOrgInstallationstoreOrgInstallation という二つの新しいメソッドを導入する必要がありました。 3.x では、よりシンプルなインタフェースの実現と Bolt for Python、Bolt for Java との互換性を考慮して、これらの二つの新しいメソッドのサポートを廃止しました。マイグレーションに必要となる変更については以下のコード例を参考にしてください。

    これまで:

    installationStore: {
        storeInstallation: async (installation) => {
          // change the line below so it saves to your database
          return await database.set(installation.team.id, installation);
        },
        fetchInstallation: async (installQuery) => {
          // change the line below so it fetches from your database
          return await database.get(installQuery.teamId);
        },
        storeOrgInstallation: async (installation) => {
          // include this method if you want your app to support org wide installations
          // change the line below so it saves to your database
          return await database.set(installation.enterprise.id, installation);
        },
        fetchOrgInstallation: async (installQuery) => {
          // include this method if you want your app to support org wide installations
          // change the line below so it fetches from your database
          return await database.get(installQuery.enterpriseId);
        },
      },
    

    これから:

    installationStore: {
        storeInstallation: async (installation) => {
          if (installation.isEnterpriseInstall && installation.enterprise !== undefined) {
            // support for org wide app installation
            return await database.set(installation.enterprise.id, installation);
          }
          if (installation.team !== undefined) {
            // single team app installation
            return await database.set(installation.team.id, installation);
          }
          throw new Error('Failed saving installation data to installationStore');
        },
        fetchInstallation: async (installQuery) => {
          // replace database.get so it fetches from your database
          if (installQuery.isEnterpriseInstall && installQuery.enterpriseId !== undefined) {
            // org wide app installation lookup
            return await database.get(installQuery.enterpriseId);
          }
          if (installQuery.teamId !== undefined) {
            // single team app installation lookup
            return await database.get(installQuery.teamId);
          }
          throw new Error('Failed fetching installation');
        },
      },
    

    この変更に合わせて orgAuthorize 関数のサポートも廃止しました。もし、組み込みの OAuth 機能を利用されていない場合は、代わりに authorize だけを単一のワークスペースへのインストールでも OrG レベルでのインストールでも使うように変更することを推奨します。マイグレーションの手順については、以下のコード例を参考にしてください。

    これまで:

    const app = new App({ authorize: authorizeFn, orgAuthorize: orgAuthorizeFn, signingSecret: process.env.SLACK_SIGNING_SECRET });
    const authorizeFn = async ({ teamId, enterpriseId}) => { 
      // Use teamId to fetch installation details from database
    }
    const orgAuthorizeFn = async ({ teamId, enterpriseId }) => { 
      // Use enterpriseId to fetch installation details from database
    }
    

    これから:

    const app = new App({ authorize: authorizeFn, signingSecret: process.env.SLACK_SIGNING_SECRET });
    const authorizeFn = async ({ teamId, enterpriseId, isEnterpriseInstall}) => { 
      // if isEnterpriseInstall is true, use enterpriseId to fetch installation details from database
      // else, use teamId to fetch installation details from database
    }
    

    デフォルトのレシーバーを HTTPReceiver に変更

    3.x から新しい HTTPReceiver というレシーバーを導入し、デフォルトのレシーバー実装を、これまでの ExpressReceiver からこのレシーバーに変更します。この変更は、Bolt for JavaScript を Express.js 以外の人気のある Web フレームワーク(Hapi.js や Koa など)とともに動作させることを容易にします。ExpressReceiver は引き続き Bolt for JavaScript のリリースに含まれます。また、HTTPReceiverExpressReceiver が提供する全ての機能を提供するわけではありません。例えば、一つのユースケースとしては、HTTPReceiver ではカスタムの HTTP ルート(例: ヘルスチェックのための URL を追加する)を追加する機能はサポートされていません。このようなユースケースに対応するためには、引き続き ExpressReceiver を利用することを推奨します。その場合はクラスを import して、インスタンス化したものを App のコンストラクタに渡してください。詳細はカスタム HTTP ルートの追加を参考にしてください。

    Bolt 2.x のサポートスケジュール

    @slack/bolt@2.x2021 年 1 月 12 日 より非推奨となります。それまでの期間はケースバイケースでバグ修正や新機能のバックポートを対応を継続します。@slack/bolt@2.x が非推奨となった後は、End of life(正式サポートの終了日)まで クリティカルなバグ修正のみ を実装し、クリティカルではない issue や pull request はクローズします。End of life は 2021 年 5 月 31 日 の予定です。この日からは @slack/bolt@2.x の開発は完全に終了となり、残っている open issue や pull request もクローズされます。

    Node の最低必須バージョン

    @slack/bolt@3.x は Node は 12.13.0 以上、npm は 6.12.0 以上が必須バージョンです。

    TypeScript の最低必須バージョン

    TypeScript 利用ガイド でも説明していますが、@slack/bolt@3.x は TypeScirpt 4.1 以上が必須バージョンです。